<< お問合せについて | main | インフルエンザでお休みしています… >>
ネコと暮らす中での防災意識
こんばんは。

震災から5年。

東京に住んでいる我が家は大きな被害を受けることはありませんでしたが
震災をきっかけに防災意識は高まりました。

我が家は夫婦2人とネコ2匹で暮らしていますが
5年前はまだ黒ネコのクータだけで、空はいませんでした。

震災時は自宅にいたのですが、
仕事で栃木の小山にいた夫も無事だとわかり安心したものの
翌日まで夫も帰ることができず
クータと私だけで不安な思いで一晩を過ごしました。

そして余震の度に
私が声を出して怖がってしまったために
クータも怖い思いをしていたようで…

あれからクータは
地震の揺れと私の「ハッ!!地震!!」という声に反応し、
一目散に自分で一番安全と思っている場所(押入れ天袋)へ
避難するようになりました。。。(^_^;)

一方、震災の経験がない空はというと
地震の揺れや私の声に全く反応しません…
寝ていれば起きもしません。。。

ネコでもこんなに違うんだなと感じています。


我が家のネコ達は完全家ネコで
外に出るのはキャリーバッグに入れて
たまに病院へ連れて行く時くらいでしょうか。

なので、もし避難しなければならない状態になったら…
ということはよく意識するようになりました。

基本的に地震の時は
我が家のある団地では、家の中が一番安全だからむやみに外に出ないようにと
自治会の防災では言われています。

でももしもの時を考えて、

病院に連れて行く時に使うキャリーバックを
いつでも中に入れる状態にして押入れ天袋に置いています。

こうしておけば、いざキャリーバッグに入れなくてはならなくなったとしても
違和感なく入ってくれると思います。

そしてクータはたまに入って寝ています。


空もこの押入れ天袋はお気に入りに場所。




ペットも大事な家族の一員。

防災に関して日頃からペットのこともしっかり考えておくことが大切。


キャットフードも自分たちと同様に
ローリングストック(日頃から回転させながら備えておく)をしています。


ネコは思うように聞いてくれないこともあるので、なかなか難しいですが…
色々と意識しながら過ごしているだけでも違うのではないかなと思います。


今日も最後までお読みいただきありがとうございます♪


JUGEMテーマ:ねこのいる暮らし




| ネコの住まいづくり | 21:55 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









講座・セミナー のご案内

お片づけサービス

◆ 整理収納レッスン&
  お片づけ作業

◆ 整理収納アドバイス
  〜 カフェレッスン 〜

詳細・お申込 → コチラ

プロフィール

お問合せはこちらへ

カテゴリ

ブログ内 検索

WEBメディア掲載中♪

掲載誌♪

日経ウーマン 2018年 12 月号
日経ウーマン 2018年 12 月号 (JUGEMレビュー »)

★我が家で使っていて
便利な収納グッズを掲載いただいてます♪

掲載誌♪

猫がよろこぶ掃除・片づけ (タツミムック)
猫がよろこぶ掃除・片づけ (タツミムック) (JUGEMレビュー »)
ヤノ ミサエ
★猫達と心地よく暮らすための
我が家の掃除術をご紹介いただいてます♪

掲載誌♪

狭くてもすっきり暮らす法則 (TJMOOK)
狭くてもすっきり暮らす法則 (TJMOOK) (JUGEMレビュー »)

★我が家の収納を例に
「思いやり収納のすすめ」をお伝えしています♪

掲載誌♪

スッキリ心地よく暮らす プロ5人のおうち収納テク
スッキリ心地よく暮らす プロ5人のおうち収納テク (JUGEMレビュー »)
大木聖美,村上直子,新倉暁子,伊藤美佳代,小宮真理
★10年間住んだ団地2LDKの
我が家の収納術を掲載いただいてます♪

月別アーカイブ

最新ブログ記事

登録中

Houzzに登録中の小平市, 東京都, JPの伊藤美佳代

インスタグラム / フェイスブック

MOBILE

qrcode